CEVAHİR KAVURMA

CEVAHİRとは、宝石と言う意味。

トルコ料理の本では、子羊の肺臓、腎臓、心臓、睾丸を材料に作っています。

確かに珍味ばかりで、宝石なんて洒落た料理名がついてることに納得。

料理名は、料理の本から拝借しましたが、材料は残念ながら、牛の睾丸と肝臓です。(本のレシピにはトマト、玉ネギ、ニンニクは入っていません)

ま、牛の睾丸も宝石なか?ってことで、お許しを。

*ジェヴァヒル カヴルマ*

Ymk070223

【材料】牛の睾丸1個、牛レバー100g、玉ネギ1/2個、トマト1/4個、ピーマン小1個、ニンニク1かけ、マーガリン10~20g、塩、コショウ、赤唐辛子粉、タイム

【作り方】鍋にマーガリンを溶かし、小さく切った睾丸とレバーを入れ、弱火で炒める。水分がなくなったら、粗みじん切りにした玉ネギ、ピーマンとみじん切りニンニクを加え炒める。最後にトマトを加えて味付けし、汁気がなくなるまで火を通す。

写真の白っぽいのが睾丸です。

さて、お味は…?っていうよか、食感が気になるぅ~!

|