干しブドウ酵母1

Kobo070216a 12日から作り始めて、4日後。

20℃前後の室内に放置しています。

2日後と比べて全く変化なし。

|

干しブドウ酵母1

Kobo070214a12日から作り始めて、 2日後。

20℃前後の室内に放置しています。

水を含んで少し膨らみましたが、それ以外は変化なし。

|

干しブドウ酵母1

Kobo070212a久々に天然酵母を作ることにしました。

冷蔵庫で眠っていた干しブドウ。

実は、1年以上前にアンネ(義母)がくれたもの。

乾燥しすぎて硬くなってしまっているけど、酵母、できるよね?

|

オレンジ酵母1

Kobo070112a 冷蔵庫から出してみると、下のほうに白い沈殿物。

これが酵母。って、誰かのサイトに書いてあったけど、誰だったか忘れてしまいました。

軽く振ってフタを開けると、あれ?ガスも泡も出ない!Kobo070112b_1

ちょっと心配しながらも、室温に戻るまで放置。

すっかり忘れて、3時間経過。

もう一度軽く振って、茶こしでこしました。

スプーンでつぶれるくらい押して、オレンジからも酵母液を搾り取り、オレンジ酵母液の完成! 

シュワシュワと小さな気泡が出てました。(←ちと安心)

パン種作りにとりかかります。

|

オレンジ酵母1

Kobo070111a_34日後。

水が白く濁ってきました。

軽く振ってフタを開けてみると、プシュッ!と勢いよくガスが出ました。

爽やかなオレンジの香り♪

そして、

フタを開けた途端、ブクブクと泡が上がってきました。

オレンジ酵母作り、ここまでは、大成功!かな?(←まだ不安)

Kobo070111b_1 Kobo070111c_1

泡が治まるまで、もう1~2日置くらしいのですが…

私の場合、前にそれで失敗しているので、フタを閉めて一晩冷蔵庫で休ませます。

|

オレンジ酵母1

Kobo070110a_1 3日後。

すりおろした皮の部分に細かい気泡が、あるような、ないような…

軽く振ってフタを開けると、プシュ!と、ほんの少しガスが出ました。

順調に育っているようです。

|

オレンジ酵母1

Kobo070109a 2日後。

室温20±3℃くらいの部屋に置いてます。

オレンジが浮いてきて、水が少ないように思えたので、少し足しました。

軽く振ってフタを開けましたが、変化なし。

|

オレンジ酵母1

Kobo070107a クッキー作りに皮と果汁を使ったオレンジ。

「捨てるのには、ちょっともったいないよなぁ」

そ・こ・で、

熱湯消毒した瓶に入れ、ハチミツ小さじ1と水を加えて、オレンジ酵母作りに初挑戦!

どうか、元気な酵母くんが育ちますように。。。

|

初めての天然酵母作り+柿酵母1、2

Kobo061203a前から興味があった天然酵母パン。

たまたまネットでこちらを見つけ、丁度柔らかくなった柿があったので、天然自家製酵母作りに挑戦してみることに。

←柿酵母1(2007/12/03初日・つくりたて)

熱湯消毒した瓶に、洗った切った柿1個と水を入れ、しっかりフタを閉めて室内に放置。

柿酵母1*4日目(2007/12/07)Kobo061207a_1

しっかりフタを閉めてもわずかな隙間からガスが漏れ、開けたときに‘プシュ’とはなりません。㊨

小さな気泡は出ていましたが、ドロドロして酸っぱい臭い。

失敗かな?

2日前、失敗してもいいようにもう一つ酵母を育てていた㊧ので、思い切って捨てることにしました。

柿酵母2*2日目㊧

しっかりフタが閉まって、‘プシュッ!’とガスが出ます。

できたのかな?できてないのかな?なんせ、初めてなのでわかりません!

試しに、パン種つくりに進んでみる事にしました。

Kobo061207b 柿酵母50g+小麦粉50g

数分かき混ぜて、室内に放置。

Kobo061209a24時間経過しても変化なく、更に24時間経過。

少し気泡があるけど…

やっぱり初めてなので、よくわからないまま、日本から持ってきていた紙を参考に、酵母+ぬるま湯+小麦粉+塩を混ぜてよくこね、パン生地作り。Kobo061209b

ぬるま湯を張った容器に入れ、表面が乾燥しないように濡れ布巾をかぶせて暖かい場所へ。

30℃・1時間半で膨らむはずが、何時間経っても変化なし。

結局、膨らむことなく失敗!

こうして、初めての酵母、柿酵母1と柿酵母2は、失敗に終わったのでした。

|

イチジク酵母1

Kobo_ph020_4  柿酵母のパン種が育ったら、こちらのいちじくクルミのカンパーニュを作りたくて、買ってきてた干しイチジク。

ネットで干しブドウ酵母をよく見かけ、日本に居た頃通っていたパン教室でも、チラッと干しブドウ酵母作りを教わったのを思い出し、

「干しブドウも干しイチジクも同じやん!いちじくクルミのカンパーニュをイチジク酵母で作れたら最高ー!」Kobo061208a_3

ってなノリで、早速イチジク酵母作り。(2006/12/08)

熱湯消毒して冷ました瓶に、干 しイチジクと水を入れ、フタを閉めて室内に放置。

Kobo061210a_2 +2日目+

前日と同じく変化なし。

気温が低いせいかも。

暖かい場所に置いてあげよう。

Kobo061211a_2 +3日目+

暖かいところに置いたので、泡が出てきました。

軽く振ってフタを開けたら‘プシュッ!’とガスが出ました。

でも、まだ弱いです。

Kobo061212a_2 +4日目+

泡が無くなってしまいました。また失敗?Kobo061212b_2

とりあえず、ガス抜きをしようと、軽く振ってからガス抜き。

‘プシュッ!’今までにない勢いでガスが出ました。

そして、ブクブク泡が上がってきました。

これでいいのか、まだダメなのか、よくわかりません。

干しブドウは一週間ほどかかると聞いたので、明日まで様子を見ることに。

Kobo061213a_1

+5日目+

昨日よりは酵母の働きが弱くなってました。

どんどん増えて、もっと活発になると思ったけど、勘違い。

一応、この酵母でパン種作り。

Kobo061213b_1 熱湯消毒して冷ました瓶に、

酵母液50g+小麦粉50g混ぜ合わせたものをいれ、室内に放置。

Kobo061213c_1

Kobo061214a_3←6時間経過しても変化なし。

24時間経過しても、全く変化なし。→

……また、失敗!

|