« 夜のお菓子の家2007 | トップページ | トルコ料理@ラフマージュン »

クリスマス@お菓子の家2007

今年もやってきました♪クリスマスシーズン。

2007年のお菓子の家はこれ!

Okashinoie2007c

扉の上の壁にヒビが入ってますけど気にしないでくださいね~。

去年のお菓子の家は、色付けでトマトペーストやほうれん草を使ったのでおいしくありませんでした。

でも、今年はおいしくできましたよ♪

面倒だけど、型紙から作りましょう。

型紙には牛乳などの紙パックを利用します。

見難いのでクリックしてご覧ください。(別窓)   単位(cm)

Okashinoie_katagami

茶色はココア、オレンジ色はナッツ、黄色はプレーン、緑色は紅茶葉入りです。

ピンク色は余ったクッキー生地を使います。

水色部分はくりぬいて飾りにしたり、試食用。(笑)

【材料】

クッキー生地

  • バター  180g
  • グラニュー糖  150g
  • ヨーグルト  100g (卵でも◎)
  • 小麦粉  360g
  • ココア  10g
  • ヘーゼルナッツ  30g (なければ他のナッツ)
  • 紅茶のティーバッグ  1袋

  • グラニュー糖  100g
  • 水  おおさじ3杯

アイシング

  • 粉砂糖  100g
  • 卵白  20g
  • レモン汁

小麦粉、粉砂糖

【下準備】

型紙をきれいに洗って水気を拭き取る。

バターとヨーグルト(卵)は室温に戻しておく。

小麦粉をふるう。

ナッツを細かく砕く。(包丁で刻む)ナッツの砕き方が粗いと型抜きのときに邪魔になったり、割れの原因になります。

ティーバッグから茶葉を出し、指ですりつぶすようにして細かくする。(包丁で刻む)

【作り方】

クッキー生地を作る。

  1. ボールにバターを入れてあわだて器で練り混ぜ、白っぽいクリーム状になったらグラニュー糖を2回に分けて入れ、その都度よくすり混ぜる。
  2. ヨーグルトを加え、全体にムラがないようによく混ぜ合わせる。
  3. 小麦粉の半量を入れてゴムベラで混ぜ合わせたら、残りの小麦粉を入れてひとまとめになるよう混ぜ合わせる。
  4. 生地を4等分してそれぞれ容器に入れ、ひとつはプレーンで、他はココア、ナッツ、紅茶葉を混ぜ合わせる。
  5. オーブン用シートの上に生地を置き、麺棒で厚さ5mmに伸ばし(左右に割り箸を置くと◎)、ラップをかけて冷蔵庫で20~30分休ませる。
  6. オーブンをあたためはじめる。(160℃)
  7. ラップを外して型紙を置き、包丁に小麦粉を薄くつけながら型にそって上から下ろすようにして切る。(こうすると角が伸びて型崩れすることはない)
  8. くり抜く分は、型抜きしてから抜いた分は元に戻す。(焼いた後で抜く)
  9. 余った残りの生地は全部まとめて厚さ5mmに伸ばし、土台にする。
  10. 天板に並べ、オーブンで焼き(160℃ 10分前後)く。粗熱が取れたらくり抜く部分だけ取り除き、オーブン用シートから外さず、そのまま冷ます。

オーブンシートの上で切って、余分な端っこを取り除き、シートごと天板にのせると型崩れしません。↓は、そうしなかったので型崩れしていますよね。。

くり抜く部分も、屋根はくり抜かず、壁(前後)はくり抜いて焼いてみたけど、くり抜かない方がいいと思いました。

Okashinoie_tenban1

屋根は組み立てのときに落として壊れてしまったので、再度焼き直ししたため、型紙とはくりぬき部分が違います。

Okashinoie_tenban2

飴を作る。

  1. 鍋にグラニュー糖と水を入れて中火にかけて煮詰める。
  2. 茶色く色づいてきたら、均等な色になるよう鍋を回すように動かして、火を止める。
  3. 熱いうちに、くりぬいた部分に飴を流し入れる。

クッキーが冷めて飴が固まったら、いよいよ組み立て!

アイシングを作る。

  1. 卵白に3回ふるった粉砂糖を少しずつ入れてよく混ぜる。
  2. レモン汁を数滴加え、よく混ぜる。

土台のクッキーを置き、アイシングを塗りながら家を組み立てる。

煙突のクッキーが大きければ、包丁で少しずつ削ってください。

アイシングを塗りながら、ツリーのクッキーを重ねていく。

アイシングを垂らして雪だるまや飾りをのせる。

アイシングが固まってから、仕上げに粉砂糖をふりかける。

Okashinoie2007d

Okashinoie2007e

Okashinoie2007f 

扉はくっつけず、取り外しできるようにしてあります。

中にキャンドルを入れて、夜バージョンも楽しめますよ~。

Okashinoie2007g

夜のお菓子の家はこちら

キャンドルの炎の熱が逃げるように、煙突を真ん中にしました。

火を灯して3時間半は、なんともありませんでした。

でも火を消したときの煙が、クッキーに・・・ちょっと気になったんですよね~。

そのクッキーが食べられるかどうかはわかりません!

自己責任でお願いします。

「作ったよ~!」って方は、コメントいただけると嬉しいです。

気に入っていただけたら、ポチッとよろしくです→にほんブログ村 料理ブログへ

|

« 夜のお菓子の家2007 | トップページ | トルコ料理@ラフマージュン »

コメント

頑張って作りました。
飴の窓はなしで、シンプルな構成になりましたが^^;
型紙の寸法、とても助かりました。

投稿: すずはる | 2015/07/07 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/202885/9258818

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス@お菓子の家2007:

« 夜のお菓子の家2007 | トップページ | トルコ料理@ラフマージュン »