« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

クリスマス@お菓子の家

クリスマスまであと一ヶ月を切りましたー。

今日は、飾って楽しみ、食べて楽しむお菓子の家を紹介します。

でも、今年はまだ何も計画していないので、去年作ったものです。Xmas06b_2

+++追記+++

クリスマス@お菓子の家2007(夜バージョン)の写真を12月3日にアップしましたので、こちらもご覧くださいね~♪

+++さらに追記+++

夜バージョンの昼の写真とお菓子の家2007の型紙つきレシピをアップしました。こちらもどうぞご覧くださいませ~♪

+++  +++  +++  +++  +++  +++

トルコのクリスマスは・・「クリスマス、いつ?」状態。

街を歩いても、ツリーもリースも見あたらない!

あ、去年は雑貨屋さんでひとつだけツリーを見つけたけど、売り物なのか、飾り物なのかどっちだったんでしょ?

イスタンブルのような都会に行けば、クリスマスツリーとか飾ってあるようですけどね。

テレビでも、ツリーやサンタは見かけるんですよ。

それが、12月31日なの。

トルコのクリスマスは、12月25日じゃないらしい。

イスラム教だから仕方がないのかな。

でも、サンタクロースってトルコが発祥の地だとか。

知ってました?

お菓子の家は、プレーン、ゴマ付き、トマト入り、ほうれん草入りのクッキーで出来ています。

味は・・トマトとほうれん草はイマイチだったからオススメできないので、おいしいクッキーレシピを探してくださいね~。

牛乳パックを切って型紙を作り、クッキー生地に乗っけてナイフで切ったり、コップで型抜きをします。

あまった生地は、混ぜて土台にすると残らなくていいですよ。

あ!でも味見したいよね。その分は別にしておきましょう。

Xmas06b2_2

写真↑は天板にのせて焼く前のもの。

焼けたら冷まして、アイシング(粉砂糖と卵白を混ぜたもの)をのり代わりに組み立てます。

お菓子の家作りに挑戦してみませんか?

ランキングに参加しています♪応援ポチッとよろしく~→にほんブログ村 料理ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トルコで焼きビーフン

いつも昼はひとりごはん。

パンはあるけど硬かったり、他にすぐ食べれるものがなかったり。

トルコ料理も飽きたよなあ。。

ご飯を炊くのも面倒だし、スパゲッティにしようか・・・。

でも、腹ペコで茹でてる時間も待てない!

日本はいいね、カップ麺があって。

そんなとき、超簡単な焼きビーフンなんてどうでしょ?

焼きビーフン、好きですかぁ?

トルコでビーフンが手に入るのかどうかは知りませんが、トルコにはŞEHLİYE(シェヒリイェ)というマカロニがあり、スープやピラフなどに入れて使います。

ŞEHLİYE(シェヒリイェ)の種類にTEL ŞEHLİYE(テル シェヒリイェ)という細くて短い棒状のものがあり、これをビーフン代わりにして作ってみました。

テル シェヒリイェで焼きビーフン

Sehliyebihun_2

【材料】1人分くらい

TEL ŞEHLİYE(テル シェヒリイェ)  3分の2カップ

野菜、肉などはお好みで

  玉ネギ4分の1個、パンジャルの茎(カラ ラハナ・ケール)5本、ピーマン1個、鶏ささみ2分の1個を入れました。

Tahin(ゴマペースト)  小さじ2分の1杯くらい

Soya sosu(しょう油)  小さじ1~2分の1杯

野菜エキス入りの塩

  写真↑の右上に写っている緑色の袋を使いましたが、固形チキンスープを砕いてもいいと思います。

コショウ

赤唐辛子粉

サラダ油

【作り方】

野菜と肉を食べ易い大きさに切る。

シェヒリイェを茹でてザルに開けて水気を切る。

フライパンに油を熱し、野菜と肉を炒める。

シェヒリイェを加えて炒め、塩、コショウで味付け。

仕上げにしょう油とゴマペーストをいれ、混ぜ合わせる。

皿に盛り付ける。 afiyet olsun**

Sehriye_tel_4Sehriye_arpa_2       TEL ŞEHLİYE(テル シェヒリイェ)→ 

  ←ARPA ŞEHLİYE(アルパ シェヒリイェ)

  

  

2週間近く更新をお休みしていましたが、これからぼちぼち更新していきますので、応援ポチッとお願いします→にほんブログ村 料理ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ料理@ユフカ

下の記事の続きです。
ユフカの出来上がりはこんな感じ↓
Yufka01
ランキングに参加中ポチッとお願いします→にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ料理@ユフカ(動画)

ユフカとは小麦粉を練った生地を薄く伸ばしたもの。
ユフカの麺棒のかけ方を動画で紹介します。
モタモタしているし、あまり上手くはないですが・・・

生地を手で平らにします。
左に力を入れて向こう側へ、右に力を入れてこちら側へ、麺棒をかけます。
カタカタ音がしているのは、と左右交互に力加減をしているからです。
生地が少しずつ時計回りに動いているのがわかるでしょうか?
こうしてある程度伸ばした後、今度は麺棒に巻きつけて伸ばします。
このとき、軽く巻きつけ、広げるときに伸ばすつもりで麺棒をかけます。
45度くらい?角度を変えてたところを巻きつけましょう。
これを繰り返して、生地の向こうが透けるくらいまで伸ばします。

材料、分量についてはまた改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ@カルシュク ピザ

今日は、残念ながらトルコ料理ではなく、普通のミックスピザのレシピです。

トルコではカルシュク ピザといいます。

KARIŞIK PİZZA直径25cmくらい2枚分

Pizza02

【材料】

ピザ生地

小麦粉  300g

塩  おおさじ2分の1杯

砂糖  おおさじ2分の1杯

ぬるま湯  180ml

ドライイースト  すりきりおおさじ1杯

コショウ  少々

オリーブ油  おおさじ1杯

ピザソース

トマト  1個

玉ネギ  2分の1個

ニンニク 1かけら

トマトペースト(domates salçası)  山盛りおおさじ3杯

トマトケチャップ  小さじ1杯

パセリ、塩、コショウ、タイム(kekik)、オリーブ油

トッピングはチーズ(kaşar)、ハム(salam)、オリーブ(zeytin)、玉ネギ(soğan)、ピーマン(biber)をのせました。お好みでどうぞ♪

【作り方】

ピザ生地を作る。

ボールに小麦粉を入れて中央をくぼませ、そこへ砂糖とイーストを入れる。

中央にぬるま湯100mlを流しいれ、全体がそぼろ状になるまで混ぜる。

残りのぬるま湯と油を入れ、よくこねる。

丸めて小さめのボールに入れる。

大きめの鍋に少しぬるま湯を張り、ボールごと生地を入れてフタをする。

生地が発酵して2倍に膨らんだら、2等分してそれぞれ丸める。

濡れ布巾をかぶせて20分休ませる。

ソースを作る。

鍋に油を熱し、みじん切りにした玉ネギとニンニクを炒める。

玉ネギがしんなりしたら皮をむいてザク切りにしたトマト、トマトペースト、ケチャップを加え、焦がさないように煮詰める。

味付けし、みじん切りにしたパセリを加え、冷ます。

トッピングを用意する。(→生地を発酵させているときでもOK)

オーブンを250℃に温めはじめる。

仕上げ。

生地を麺棒で25cmくらいになるよう伸ばし、天板にのせる。

フォークで全体に数箇所穴を開け、ソースを塗ってトッピングをのせる。

オーブンに入れ、200℃で15分ほど焼く。

生地の裏側に焼き色がついていれば焼けています。

Pizza01

※トッピングは、中央にはのせないようにします。

+おまけ+

トルコのピザはPİDE(ピデ)と呼ばれ、舟形をしています。

切ってあるので分かり難いけど↓

Pide01

私が住んでいる黒海地方の名物なんですよ~。

このピデのレシピをアップしないとねえ。

ランキングに参加中応援クリックお願いしま~す→にほんブログ村 料理ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トルコなTV@料理番組

今日は、トルコの有名な料理番組を紹介します。

私がトルコに来て、一番初めに見つけた料理番組。

夏休みの3ヶ月くらいは再放送になるけど、2年以上も前から(今はときどき)見ています。

トルコの主婦たちには『簡単で作りやすい』と人気で、トルコに嫁いだ日本人も〝一度は見たことがある〟はず。

OKTAY USTA(オクタイ シェフ)のYEŞİL ELMA(イェシル エルマ・青リンゴ)

毎回ゲストを招いて、オクタイ ウスタと一緒におしゃべりしながら料理を作ります。

歌あり、ダンスあり、そして…失敗なんかもあり!の楽しい番組ですよ。

カラフルなキッチンスタジオもトルコっぽい。

言葉がわからなくても、目で楽しめるんじゃないかな?

YEŞİL ELMAは、(日本時間→)平日月~金曜日の午後8時から9時ちょっと過ぎまで放送。

samanyolu TVのサイトから、左サイドバーのCanlı Yayınか、スクロールバーを動かさない状態で右下のCanlı Yayınをクリックするとご覧になれます。

※ご覧になる場合は、メディアプレーヤーなどが必要となります。

この他の番組もLIVEで放送されるので、興味のある方は是非どうぞ♪

もしかしたら、これがきっかけでトルコ(料理)デビューするかもよ~。

より多くの人に、トルコに興味を持っていただけたらと思っています。

オクタイ ウスタのブログでは、放送した料理レシピが満載!

こちらも是非どうぞ♪(トルコ語ですが…)→oktayusta

ランキングに参加中応援ポチッとよろしくお願いします→にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ雑貨@シェケルリキ

先日はトルコのチャイ バルダーウ(ティーグラス)を紹介しました。

今日はトルコのシュガーポットおもてなし用を紹介します。

トルコの家には、毎日のように(←大袈裟)お客様がやってきます。

親や兄弟姉妹の家族、友人、知人、ご近所さん・・・などなど。

お客さんがやってきたときは、もちろんチャイでおもてなし。

トルコの人たちは、砂糖たっぷりのあま~いチャイが大好き♪

チャイと一緒に出すグラニュー糖は、こんなにオシャレでこんなにカワイイ、シェケルリキに入れて差し出すんですよ。

ŞEKERLİK

Sekerlik

アイスクリームやパフェに使えそうそうだけど、ちゃんとフタもついてます。

オシャレでカワイイと思いませんか?

そう思った方は、迷わずクリック→ にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ料理@ユムルタル ソーアン

玉ネギの卵とじトルコ風です。

イェンゲ(3番目の義兄嫁)が村の家に遊びに行ったときに作ってくれたもの。

玉ネギがシャリシャリあま~くておいしい♪

料理名がわからないので勝手につけました。

YUMURTALI SOĞAN YEMEĞİ

Yumurtalisogan_2

【材料】

玉ネギ  2個

卵  1個

トマトペースト  おおさじ1~2杯

塩、サラダ油

パセリ、赤唐辛子粉

【作り方】

フライパンに油を熱し、スライスした玉ネギを炒める。

玉ネギが透き通ってしんなりしてきたら、トマトペーストを入れ塩で味付け。

トマトペーストの香りが出てきたら、とき卵を流しいれ混ぜる。

卵の焼き加減はお好みで。

皿に盛り付け、パセリと赤唐辛子粉をふる。afiyet olsun**

トマトケチャップ味でもおいしくできますよ~。

ランキングに参加中♪クリックしていただけるとウレシイです→ にほんブログ村 料理ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本でもあったかサーレップ

前にSALEPについて書きましたが、ネッ友のボンジュクさんから「SALEPがないとトルコののび~るアイスが作れないの?」と。

そうですよね~、日本で簡単に手に入る材料でのび~るアイスができるのが一番ですよね。

そこで、SALEPを調べてみたら、ありましたー!

どちらでもいいみたいですが、SALEP(=サレップ)はSAHLEP(=サーレップ・サハレップ)とも言うようです。

トルコアイスじゃなくて、まずはこちら↓

SALEPが入っていないSALEPなホットドリンクSALEP(←くどい?)

Salepyalan_2

【材料】Malzemeler

1 tatlı kaşığı nişasta …コーンスターチ  小さじ1杯

1 tatlı kaşığı patates nişastası …ジャガイモのでんぷん  小さじ1杯

1 tatlı kaşığı pirinç unu …米粉  小さじ1杯

1 su bardağı süt …牛乳  1カップ3/4カップ

1 1/2 çorba kaşığı toz şeker …グラニュー糖  おおさじ1 1/2杯(←甘いので加減してください)

Tarçın (istenildiği takdirde) …シナモンパウダー お好みで

【作り方】

テフロン加工の鍋に材料を入れ、弱火にかける。

とろみが出てくるまでかき混ぜる。

ぶつぶつ空気が上がったら火からおろす。

カップに注ぎ入れる。afiyet olsun**

日本で売られている片栗粉のほとんどはジャガイモのでんぷんで作られているそうです。

片栗粉についてはこちら。

ウチにはジャガイモのでんぷんがなくて、わざわざ買ってくるのも…ってことで、コーンスターチ小さじ2杯で作ってみました。

味は、、えっ?!

SALEPやん♪

今度は、冷やして~混ぜてを繰り返して、あの、のび~るアイスに挑戦!

でもさ、寒くて今のところ作る気が…

どなたか「のび~るアイスに挑戦してみたよ」って方がいましたら、ご一報ください。

ランキングに参加してます。クリックよろしくお願いします。→ にほんブログ村 料理ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トルコで学んだ焼き栗

カテゴリの分類に迷って、〝お菓子〟にしてしまいましたが・・・ま、気にしないでいってみましょう。

栗の季節ですね~♪

トルコでは、町のあちらこちらで生栗屋さんや焼き栗屋さんを見かけるようになりました。

そ・こ・で、

私も栗を焼いてみました。

ちょっと焦げてますが、むいた栗は気にならないでしょ?

Kestane

栗って、焼いたら渋皮がポロッと簡単に取れるんですよ~。

しかも、茹でた栗のベタベタ感もなくて、おいしい♪

作り方は超簡単!

栗にナイフで切れ目を入れて、フライパンで焼くだけ。

フタをして弱火で10分、ひっくりしてからフタをして弱火で10分くらいだったかな?

大きめに浅く切れ目を入れれば、栗が焼けると飛び出しそうになるので、それが焼きあがった目安になります。

生の栗を必死にむくより、茹でた栗をスプーンでほじって食べるより、オススメだと思ってます。

去年は、焼き栗を砂糖で煮て、モンブランを作るときに使いました。

焼き栗で栗ご飯も炊けるんではないでしょうか?

ランキングに参加してます。クリックよろしくお願いします。→ にほんブログ村 料理ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ料理@何て料理だ?

「硬くなってしまったから捨てよう」と思ったパンってありませんか?

そんな、硬くなったパンを使った料理を紹介します。

だから、もったいないので捨てないで~!

プラサ トゥルシュス(洋ネギのピクルス)を使いますが、酸っぱくなったぬか漬けやキムチでもできると思います。

TURŞULU EKMEK YEMEĞİ (←ピクルス入りパン料理?)

Ymk_tursurumisirekmek

【材料】

硬くなったパン(バゲット)  4~5切れ

プラサ トゥルシュス  1カップくらい

ムスル ウヌ(コーングリッツ)  山盛りおおさじ3~4杯

油  適宜

【作り方】

パンを水に浸し、滲みこんだら取り出して軽く絞る。

ほぐしながらボールに入れ、(食べ易く)刻んだトゥルシュ、ムスル ウヌを加える。

ハンバーグを作る要領でよくこね、ひとまとめにする。

パサパサしてまとまりにくかったら、水を足してください。

油を熱したフライパンに入れ、押し広げる。

両面こんがり焼く。afiyet olsun**

トルコでは、これをパンのおかずとして食べていますが、パンが入っているのでボリュームがあり、私は主食として、ひとりのとき(昼食とか)に作って食べています。

小腹が空いたときやおやつでもいいですね。

硬くなったパンではなく、ジャガイモバージョンもあります→こちら

ランキングに参加してます。クリックよろしくお願いします。→ にほんブログ村 料理ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ@のび~るアイス〝ドンドゥルマ〟

のび~ることでトルコアイスが有名になったのは数年前。

某メーカーでトルコ風アイスも販売されました。(今もあるのかな?)

トルコ風アイスが伸びるのは何が使われているのかわからないけど、トルコののび~るアイスにはsalep(サーレップまたはサレップ)が使われています。

「salepって何だ?」という方はこちら

トルコののび~るアイスって、家で作れないのかな?

そう思っていたら、夏が終わってしまいました。

秋も深まってきたこのごろ、salepという温かい飲み物が恋しくなる季節。

マーケットにインスタントが売っているので、買ってきて飲みましたよ。

飲み物salepはこちら

「あったまる~」なんて思いながら飲んでいたのに、「これでトルコアイス作れるんじゃない?」なんて考えて、そののび~るアイス作りに初挑戦!

Dondurma01

食感がもちもちしていたし、このくらい伸びれば合格でしょうか?

レシピを公開すると、「え~っ!」て言われそうなんですが、そんなこと言わないって約束できる人だけ↓ここから↓見てくださいね。

インスタントのsalepで作るのび~るトルコアイスレシピです。

ネットショップなんかでsalepって手に入るのかな?

DONDURMA

Dondurma02

【材料】

インスタントのsalep(こちらの右のsalep使用)  おおさじ4杯

牛乳  300ml

グラニュー糖  おおさじ4杯(お好みで増減してください)

【作り方】

鍋に全ての材料を入れ、火にかける。

温まって溶けてとろみがでてくるまでかき混ぜる。

とろみがでてきたら火からおろし、冷ます。

冷凍庫で冷やし固める。

途中何度も木ベラで練るようによく混ぜましょう。

うっかり忘れると、ザラッとした食感になってしまいます。(あ、それ私)

アイスクリームメーカーがあればなあ。

生クリームを混ぜるとコクがでて更においしくなるかもしれません。

こんなに簡単にできるなんて、「え~っ!」ですよね。

作ってみた方、是非コメントください♪お待ちしてます。

ランキングに参加してます。クリックよろしくお願いします。→ にほんブログ村 料理ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコな飲み物@サーレップ

冬になると飲みたくなるsalep(サーレップまたはサレップ)。

どろ~んとしたとろみがあって、ほんのりシナモンの味。

体が温まりますよ。

「salepって何でできているんだろ?」という方はこちら

SALEP

インスタントなので作り方なんていらないかもしれないけど、載せてみました。

Salep02_2

【材料】

インスタントのsalep  20g

牛乳  150ml

シナモン  少々

【作り方】

カップにサーレップを入れ、温めた牛乳を注ぎ入れてよくかき混ぜる。

上にシナモンをふりかける。

このままだと甘さ控えめなので、お好みでグラニュー糖を入れてくださいね。

マーケットで売られているサーレップ。(他のメーカーもあると思うけど)

Salep01

燃えるほど体が温まるって意味でしょうかね?(右)

ランキングに参加してます。クリックよろしくお願いします。→ にほんブログ村 料理ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トルコの食材@サーレップ

サーレップをネットで調べてみるとラン科の植物で球根を粉にしたものとよく書かれています。

トルコでは、冬は体が温まる飲み物として、夏はあののび~るトルコアイスに使用されています。

どんな花か見てみたいですよね。

ヘーゼルナッツ畑で自生しているsalepです↓

Salep03  Salep04  Salep05

そしてサーレップの球根がこちら↓

Salep06_2

球根はとっても小さくてビー球くらいの大きさです。

クリックすると大きい画像(別窓)が見られます。

salepという名でインスタントの飲み物の粉が市販されているので、トルコのマーケットに行けば簡単の手に入ります。

ランキングに参加してます。クリックよろしくお願いします。→ にほんブログ村 料理ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »