« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

PATATES KÖFTESİ

ジャガイモの(焼き)キョフテです。(←焼かないジャガイモのキョフテもある)

肉料理などに添えるフライドポテトの代わりに、いかがですか?(もちろんメインでもいいですが)

今日のトルコ料理 *パタテス キョフテスィ*

Ymk070215_1

TAVUK KÖFTESİ(鶏肉のキョフテ)㊧に添えました。

【材料】ジャガイモ2個、玉ネギ1/2個、サルチャ大さじ1杯、小麦粉山盛り大さじ1杯、塩、コショウ、赤唐辛子粉、サラダ油

【作り方】ジャガイモは皮をむき、適当な大きさに切ったら、鍋にジャガイモと水を入れて火にかける。柔らかくなったらザルにあけ、水分を切って鍋に戻し、弱火にかけて余分な水分を飛ばす。温かいうちにジャガイモをつぶす。ボールにジャガイモ、みじん切り玉ネギ、サルチャ、小麦粉を入れて、味付けし、よくこねる。一口サイズに丸めてつぶす。熱した油で焼く

ガス代節約のために、小さく切って作っていますが、ジャガイモを茹でてから、皮をむき、つぶしてもいいです。

柔らかく型崩れしやすいので、小さめにした方がひっくり返し易いです。冷めたら少し硬くなります。

|

KIYMALI PATATES DOLMASI

肉詰めポテトです。

煮崩れしにくいメークイーンで作った方がいいと思います。

器(?)にするので、形のいいモノがオススメ。

今日のトルコ料理 *クイマル パタテス ドルマス(2人分)*

Ymk070215

【材料】ジャガイモ2個、ひき肉100g、玉ネギ1/4個、米山盛り小さじ1杯、パセリ(飾り用に少し取っておく)、サルチャ(トマトペースト)山盛り大さじ1杯、水1カップ、マーガリン大さじ1杯、塩、コショウ、サラダ油、トマト、

【作り方】ジャガイモの皮をむいて、ナイフとスプーンで真ん中をくりぬき、水に浸ける。水気を拭き取って、熱した油で揚げる。ひき肉、みじん切り玉ネギ&パセリ、米を混ぜてこね、揚げたジャガイモの中に詰める。鍋にマーガリンを溶かしサルチャを入れて混ぜる。水を注ぎ、サルチャを溶かし、塩コショウで味付けする。その鍋に肉詰めのジャガイモを入れ、フタをして弱火で20分ほど煮る。※ときどきサルチャソースをスプーンですくってかける。切ったトマトを上にのせ、5分ほど煮る。皿に盛り、パセリを散らす。

肉が縮むので、膨らむ米を入れます。米が柔らかくなったか確認してください。

くりぬいたジャガイモは、茹でてつぶしてサラダやスープに使いましょう。

|

YAŞ PASTA

自分の誕生日用に作ったバースデーケーキです。

スポンジケーキに大好きなレアチーズをサンドしました。

トルコでゼラチンを見たことがなく、ゼリーの素を使いました。

なので、トルコのバースデーケーキではなく、トルコの材料で作ったバースデーケーキケーキです。

*ヤシ パスタ*

Ymk070225

【材料】スポンジ生地*卵3個、グラニュー糖70g(1çay.b)、小麦粉3/4カップ(2çay.b)、サラダ油大さじ1杯、シロップ*水大さじ2杯、グラニュー糖大さじ1杯、レアチーズ*クリームチーズ100g、Jöle(ゼリーの素・イチゴ)1/4袋(25g)、水大さじ2杯、牛乳大さじ1杯、クレムシャンティ1/2袋、牛乳100ml、飾り用*クレムシャンティ1+1/2袋、牛乳100ml、イチゴと(サンド用・飾り用)、キウイ

【作り方】スポンジ生地を作る。ボールに卵黄とグラニュー糖半量を入れ、白っぽいクリーム状になるまですり混ぜる(A)。別のボールに卵白をあわ立て、途中で残りのグラニュー糖を加え、メレンゲを作る。Aにメレンゲをひとすくい入れてなじませる。残りのメレンゲを2~3回に分けて入れ、ゴムベラで泡をつぶさないように混ぜあわせる。小麦粉をふるいながら一度に入れ、底からすくいあげるようにサックリと混ぜる。粉っぽさが残っているうちにゴムベラで受けながらサラダ油を加え、混ぜる。型に流し、オーブンで焼く(180℃20~30分)。焼けたら方から外して冷ます。完全に冷めたらスポンジの高さの真ん中でふたつに切る。

シロップを作る。小さい鍋に水とグラニュー糖をいれて、煮溶かす。スポンジにハケでシロップを塗る。

サンド用のイチゴを洗い水気を拭き取って切る。

レアチーズクリームを作る。クリームチーズはなめらかなクリーム状になるまでよく混ぜる。クレムシャンティに牛乳100mlを入れて泡立てる。クリームチーズとクレムシャンティを混ぜ合わせる(A)。小さい鍋にJöle(ゼリーの素)と水を入れ弱火にかけ、溶けたら火からおろし、牛乳大さじ1杯を加えて混ぜる(粗熱を取るため)。Aを混ぜながらゼーリー液を少しずつ加える。イチゴを加え、混ぜる。

型にスポンジ生地1枚を敷き、レアチーズクリームを流し入れる。もう一枚のスポンジをのせ、軽く押さえる。乾燥しないようにフタ代わりの皿をのせ、冷蔵庫で冷やし固める。固まったら型から外し、クレムシャンティを塗り、イチゴとキウイを飾る。

ムースやババロアにしても美味しいですよね~♪今度作ってみよ。

|

İÇLİ KÖFTE(Soya kıyması)

中身入りキョフテ?中身がキョフテ?

キョフテって、肉団子なんだけど、肉団子じゃないし。

コロッケって言う意味もあるようで、中身入りコロッケ?でいいの?

よくわかりませんが、写真↓の料理レシピです。

ソヤ クイマスを直訳すると大豆ミンチです。

今日のトルコ料理 *イチリ キョフテ(ソヤ クイマス)*

Ymk070224

【材料】ソヤ クイマス35g(1çay.b)、 インジェ ブルグル(細かい引き割り小麦)1/2カップ(1çay.b)、 イルミク(パスタを作る粉、何でしたっけ?)山盛り大さじ1杯、小麦粉山盛り小さじ1杯、玉ネギ小1/2個、サルチャ(トマトペースト)小さじ1~2杯、砂糖ひとつまみ、クミン、パセリ、クルミ山盛り大さじ1杯、マーガリン、塩、コショウ、サラダ油

【下準備】鍋にソヤ クイマス35g(1çay.b)を入れ、同量の熱湯を注ぎ、フタをして10分ほど蒸らす。別の鍋にブルグルを入れ、たっぷりの熱湯を注いですぐ湯を流し、かぶるくらいの熱湯を注いで、フタをして10分ほど蒸らす。

【作り方】ボールに蒸らしたソヤ クイマス半量、蒸らしたブルグル、イルミク、小麦粉、サルチャ、砂糖、クミン、塩、コショウ、玉ネギ1/2個のうちの半分弱くらいをすりおろして入れ、こねるように混ぜる(A)残りの玉ネギとパセリはみじん切りにし、くるみは細かく砕く。フライパンにマーガリンを溶かし、みじん切りにした玉ネギと透き通るまで痛め、クイマス半量、クルミ、パセリを入れ味付けして火を止める(B)。手を湿らせ、Aを8等分して丸める、Bも8等分しておく。Ymk070224a_1Ymk070224b_1Ymk070224c_1

手を湿らせAを手に持ちもう一方の手の人差し指で写真㊧のようにし、Bを詰めて㊥、形を整える㊨。 

小麦粉をつけ、余分な粉は払い落として、熱した油で揚げる。

Ymk070224d_1

袋には、ソヤ クイマス70g(1su.b)に熱湯200ml注ぐと書いてありますが、水分が多すぎたので、↑の分量では同量にしてあります。

熱湯を注ぐと、約2倍になります。

|

TAVUK KÖFTESİ

香辛料たっぷりの鶏ひき肉のキョフテです。

KÖFTEはミートボールのようなものです。(肉ではなく、野菜や豆のKÖFTEもありますが…)

トルコではパセリと香辛料がたっぷり入りますが、日本のつくねを思い出すような味。

今日のトルコ料理 *タヴク キョフテスィ*

Ymk070215_1

PATATES KÖFTESİ(ジャガイモのキョフテ)㊨を添えました。

【材料】鶏ひき肉400g、万能ネギ4~5本、赤ピーマン1個、卵1個、パン粉3/4カップ、ニンニク1かけ、パセリ、塩、コショウ、クミン、コリアンダー、赤唐辛子粉

※香辛料は、たっぷり(山盛り小さじ1杯くらい)入れますが、好みに合わせてください。

【作り方】ネギ、ピーマン、パセリはみじん切りにする。ボールに材料を入れて混ぜ、味付けし、よくこねる。ピンポン球くらいを小判型にする。熱した油で両面焼く。

|

CEVAHİR KAVURMA

CEVAHİRとは、宝石と言う意味。

トルコ料理の本では、子羊の肺臓、腎臓、心臓、睾丸を材料に作っています。

確かに珍味ばかりで、宝石なんて洒落た料理名がついてることに納得。

料理名は、料理の本から拝借しましたが、材料は残念ながら、牛の睾丸と肝臓です。(本のレシピにはトマト、玉ネギ、ニンニクは入っていません)

ま、牛の睾丸も宝石なか?ってことで、お許しを。

*ジェヴァヒル カヴルマ*

Ymk070223

【材料】牛の睾丸1個、牛レバー100g、玉ネギ1/2個、トマト1/4個、ピーマン小1個、ニンニク1かけ、マーガリン10~20g、塩、コショウ、赤唐辛子粉、タイム

【作り方】鍋にマーガリンを溶かし、小さく切った睾丸とレバーを入れ、弱火で炒める。水分がなくなったら、粗みじん切りにした玉ネギ、ピーマンとみじん切りニンニクを加え炒める。最後にトマトを加えて味付けし、汁気がなくなるまで火を通す。

写真の白っぽいのが睾丸です。

さて、お味は…?っていうよか、食感が気になるぅ~!

|

オオアマナの天ぷら

天ぷらと言うか、かき揚げになりますかね?

サクサクに揚がると思います、多分。

オオアマナの球根は、ねっとりしているので、サクサク&ねっとり食感と言った方が正解かな?

オオアマナの花と球根の写真&トルコ風オオアマナの玉子焼きレシピはこちら

*オオアマナの天ぷら*

Iym070221

【材料】オオアマナ、小麦粉、水、サラダ油

【作り方】オオアマナをきれいに洗って、葉は3cmくらいに、球根は火の通りをよくするために1/2~1/3(大きさによる)に切る。ボールにオオアマナを入れ、浸かるくらい水を注ぎ、余分な水は捨てる(底に少し水が溜まる程度)。小麦粉をふりかけ、混ぜる。スプーンですくって、熱した油(170℃くらい?)に入れ、揚げる。

オオアマナがくっつく程度の小麦粉の量なので、崩れやすいかもしれません。気になるようであれば、水と小麦粉の量を少し増やしてください。

他のかき揚げや天ぷらでも、素材の味が引き立ち、サクサクに揚がるかもしれませんね。

シンプルに塩でいただきました♪(辛い方が好きなのでコショウも混ぜたけど)

茶碗蒸しも作りましたが、卵に火が通る程度の温度と時間では、オオアマナには火が通りませんでした。茶碗蒸しの場合は、事前に球根をレンジでチン!しておいた方がいいと思います。

|

FINDIKLI PEYNİR KEK

ヘーゼルナッツが入ったチーズケーキです。

トルコはヘーゼルナッツの生産量、輸出量が世界で№1なんですよ。

トルコの中でもヘーゼルナッツを主に作っているのが黒海沿岸地方で、ウチもその中のひとり。

ウチの畑でとれたヘーゼルナッツを使って作りました。

ヘーゼルナッツ&クリームチーズ、相性抜群で激ウマですよ!

*フンドゥクル ペイニル ケキ*18cm底が抜ける丸型1個分

Ymk070220

【材料】クリームチーズ100g、マーガリン50g、グラニュー糖70g(1.5çay b)、卵2個、ヘーゼルナッツ50g(パウダーにした状態で1.5çay b)、コーンスターチ30g(0.5çay b)

【下準備】クリームチーズとマーガリンは室温に戻しておく。ヘーゼルナッツは、フードプロセッサーで粉にしてコーンスターチと一緒に、ふるう。卵は卵白と卵黄に分ける。オーブンを温め始める。

【作り方】ボールにクリームチーズ、マーガリン、グラニュー糖1/2量を入れ、泡立て器でなめらかなクリーム状になるまで混ぜる。卵黄2個を加えて混ぜる。ふるったヘーゼルナッツとコーンスターチを加えて混ぜる(A)。別のボールに卵白をあわ立てて、途中でグラニュー糖1/2量を入れ、メレンゲを作る。Aにメレンゲをひとすくい入れ、泡を消さないように泡立て器で混ぜる。残りのメレンゲを2~3回に分けて入れ、その都度ゴムベラで底からすくいあげるようにさっくり混ぜる。型に流し入れ、温めておいたオーブンで焼く。焼きあがったら型と生地(側面)をナイフで離し、冷ます。

私の場合は、湯せん焼きしました。天板に水を張り、その上に網を置いてから型をのせ、下段で下火のみです。(150℃35分)

写真はキツネ色に焼けていますが、天板と天板に張った水があるので、底は焼けにくいようです。

卵白のボールの底を50℃くらいの湯で温めると早くメレンゲができます。

ヘーゼルナッツについてはトルコ・ヘーゼルナッツ協会をご覧ください。

こちら↓を参考にしました。

ヌス・ケーゼクーヘン(焼き菓子、チーズナッツ風味)オーストリアのスタイル
トルテ・フロレンティナー(チーズナッツケーキ)スイスのスタイル

|

オオアマナの玉子焼き

Ymk070218a_2Ymk070218この花、日本ではオオアマナというそうです。

私が住んでいるトルコの田舎では、この時期になると、ヘーゼルナッツ畑に沢山花を咲かせる野生の花なんですよ。

この辺では玉子焼きにするのが一般的な食べ方で、それを紹介します。

今日のトルコ料理*オオアマナの玉子焼き*

Ymk070218b

【材料】オオアマナ20~30本、卵1個、サラダ油、塩、コショウ、お好みで赤唐辛子粉

【作り方】オオアマナは球根が柔らかくなるまで茹で、ザルにあけて水気を切る。フライパンに油を熱し、オオアマナを入れて水気がなくなるまでしっかり炒め、味付けする。器に卵を割りほぐし、味付けしたら、フライパンに流し入れる。両面しっかり焼く。

アマナの球根は、火をしっかり通すとゆり根みたいな食感になります。

|

干しブドウ酵母1

Kobo070216a 12日から作り始めて、4日後。

20℃前後の室内に放置しています。

2日後と比べて全く変化なし。

|

GÜRCÜ KAVURMA

見た目はビーフカレーですが、味は全く違います。

「じゃあ、どんな味?」

う~~~ん、説明ができない複雑な(?)味です。

今日のトルコ料理 *ギュルジュ カヴルマ*

※ゴメンナサイ!今日はトルコ料理ではなく、グルジア料理です。

Ymk070216_2

【材料】牛肉300g、玉ネギ1個、サルチャ山盛り大さじ1、赤唐辛子粉小さじ1、ニンニク1~2かけ、クルミ15g、黄色い花、トウモロコシの粉山盛り大さじ2、塩、コショウすりきり小さじ1、キンズィ(コリアンダー)すりきり小さじ2

【下準備】

Ymk070216a_3 トウモロコシの粉㊧は、目の細かいものでふるって、細かい方の粉だけを使います。(←ストッキングでやっていたのをみてギョッ!とした。新しかったのかはナゾ)

Ymk070216e_1黄色い花㊨はキンセンカ(別名ポットマリーゴールド)で、マリーゴールドに似ています。

乾燥させた花2つ分の花びらを粉にして使います。

クルミ、ニンニクをすり鉢ですり混ぜます。そこへキンセンカを入れて混ぜ合わせておきます。→AYmk070216f_1Ymk070216g_1 Ymk070216h_1

 

 

【作り方】

Ymk070216b_1鳥の頭ほどの大きさに切った牛肉を鍋で炒めてから、ひたひたに湯を注ぎ、軟らかくなるまで煮る。途中、汁気がなくなりそうであれば足して、指で肉がつぶれるくらいまで軟らかく煮る。

汁気がなくなりかけたら、粗みじん切り玉ネギを入れ、かき混ぜる。

Ymk070216c_1Ymk070216d_1  サルチャ、赤唐辛子粉を加え、肉が被るくらいの 湯を注ぎ、Aを加えて混ぜる。

 

トウモロコシの粉山盛り大さじ2、塩、コショウすりきり小さじ1、キンズィ(コリアンダー)すりきり小さじ2を加えて混ぜる。  Ymk070216k_1Ymk070216j_1Ymk070216i_1

 

Ymk070216l_1

 

10~20分煮詰めれば、できあがり。

|

SİGARA BÖREĞİ

SİGARA=タバコという意味で、タバコ(葉巻)のような形をしています。

小麦粉を練って薄く伸ばした生地をユフカといい、これに巻いて作りますが、日本では春巻きの皮で作れます。

これはチーズ&パセリですが、ポテトやひき肉でも作ります。

今日のトルコ料理 *シガラ ボレーイ*

Ymk070214

【材料】ユフカ(1枚で8個できます)または春巻きの皮(対角線で半分に切る・1枚で2個できます)、ロル ペイニリ(カッテージチーズ、リコッタチーズ)、パセリ、油

【作り方】パセリを刻んでチーズと混ぜ合わせる。ユフカを8等分し、幅の広い方に棒状に具をのせ、両側を内側に折ってから巻いていく。フライパンに油を熱し、巻き終わりが下になるように並べて焼き、ひっくり返して全体に焼き色がつくまで焼く。

|

干しブドウ酵母1

Kobo070214a12日から作り始めて、 2日後。

20℃前後の室内に放置しています。

水を含んで少し膨らみましたが、それ以外は変化なし。

|

SİMİT

小腹が空いた時やおやつに。

みんなが大好きなスィミットは、ゴマのついたドーナツ型のパン。

細く硬いめのスィミットと、ぷっくり軟らかいスィミットの2種類があります。

これは↓軟らかいスィミットです。

今日のトルコ料理*ゴマのついたドーナツ型のパン*

Ymk070213 

本物のスィミットは、全体にたっぷりゴマが付いています。

【材料】小麦粉200g(2sb)、卵1個、バター20g、牛乳80ml(1cb)、ドライイースト小さじ1杯、塩小さじ1杯、照卵用のとき卵、ゴマ

【下準備】バターは室温に戻す。

【作り方】牛乳を人肌に温め、ドライイーストを降り入れる。ボールに小麦粉を入れ、真ん中をくぼませ、卵、バター、イーストの入った牛乳、塩を入れ、よくこねる。ひとつに丸めて固く絞った濡れ布巾をかぶせ20~30分休ませる。4~6等分し、丸めて真ん中に指を刺して穴を広げるか、棒状に伸ばしてドーナツ型にし、天板に並べ、固く絞った濡れ布巾をかぶせて休ませる。オーブンを温める。オーブンの温度が上がったら、照卵用のとき卵をつけ、ゴマをまぶす。オーブンで180℃20分くらいキツネ色になるまで焼く。

照卵用の卵を使うのがもったいなかったので、ヨーグルトを塗ってゴマをまぶしました。

トルコ人は細かいことは気にしないので、パンを作るときのように2倍に発酵させたりしなくても、適当でいいみたいです。

|

干しブドウ酵母1

Kobo070212a久々に天然酵母を作ることにしました。

冷蔵庫で眠っていた干しブドウ。

実は、1年以上前にアンネ(義母)がくれたもの。

乾燥しすぎて硬くなってしまっているけど、酵母、できるよね?

|

PANCAR SARMASI

味付けしたお米をパンジャル(ケール)で巻いた(包んだ)料理です。

この他に、ひき肉やトウモロコシの粉を具にしたパンジャル サルマスもあります。

今日のトルコ料理 *パンジャル(ケール) サルマス(巻き)*

Ymk070212

【材料】パンジャル50~60枚、玉ネギ1個、ニンニク1かけ、米1合、サルチャ(トマトペースト)大さじ1杯、水1/2カップ、パセリ、ドライミントの粉小さじ1~2杯、サラダ油大さじ2杯、塩、コショウ、赤唐辛子粉、煮込み用:サルチャ大さじ1杯、塩、水、オリーブ油

【作り方】パンジャルをさっと茹でて水気を絞り冷ます。具を作る:フライパンに油を熱し、みじん切り玉ネギとニンニク、洗った米を入れ5分ほど炒める。味付けし、サルチャ、水を入れて混ぜ、水気がなくなったらみじん切りパセリとミントを加えて混ぜ、火を止める。

パンジャルの葉先から葉脈に沿って半分に割く。葉の裏側を上に、葉先を手前にして、小さじ1杯くらいの具をのせて巻く。

【巻き方】Ymk070212aYmk070212bYmk070212cYmk070212d

    Ymk070212e

巻き終わりを下にして鍋に並べ、少量の水でサルチャと溶かして鍋に入れる。塩を入れ、水をひたひたに注ぐ。 オリーブ油をたっぷり入れ、落し蓋をしてからフタをし、弱火で1時間ほど汁気がなくなるまで煮る。

鮮やかだった緑がこんな色になりました。Ymk070212f_2

今回は、米1合で160個以上できて、そのうちの50個くらいを煮ました。

残りは冷凍保存できます。

|

PANCAR ÇORBASI

PANCAR(パンジャル)は、日本では青汁で知られているあの葉っぱ!(←ケール)

苦いとか不味いとか、そんなイメージがあるけど、苦くも不味くもありません。

美容と健康にいいので、是非、お試しを~♪って、生じゃないとダメなのかな??

パンジャル(ケール)については、よくわかる健康食品わくわく大図鑑さん

今日のトルコ料理 *パンジャルのスープ*

Ymk070211

【材料】パンジャル(ケール)10~20枚、米または麦大さじ1~2杯、玉ネギ1/2個、ジャガイモ1個、トマト1/2個、ニンニク1かけ、サルチャ(トマトペースト)大さじ1杯、油大さじ1~2杯、水1ℓくらい、塩、コショウ、赤唐辛子粉

【作り方】鍋に油を熱し、粗みじん切り玉ネギ、みじん切りニンニク、サルチャを順に入れ炒める。2~3cmに切ったパンジャル、洗った米、食べ易い大きさに切ったジャガイモ、皮をむいて小さく切ったトマトを加え、味付けする。水を注ぎ、30分くらい煮る。味をととのえる。

正式な料理名を知らなくて、スープでいいのかもわかりませんが、汁が多いのでパンジャルスープにしました。

料理名を知ってる方があれば、教えてください。

|

栗のトリュフ

もうすぐバレンタインデーですね♪

2月14日はSEVGİLİLER GÜNÜ(恋人たちの日)といって、トルコでも、好きな人にプレゼントを渡します。

でも、日本のように女性から男性にではなく、お互いに

日本にいた頃から、ウチでは「チョコレートは全部私のもの」なので、バレンタインデーにチョコレートを渡すことは殆どありません。

いろいろな種類のチョコレートが出るので、、自分のためによく買っていました。

だから、この栗のトリュフも自分が食べたいから作ったもの。

モンブランが好きで、モンブランの栗クリームを丸めてチョココーティングしたものだと思ってください。

チョコトリュフよりも甘さ控えめにできるので、甘いものが苦手な人でも食べられますよ。

*栗のトリュフ 12個分*

Iym070211

【材料】茹でて皮をむいた栗100g、ハチミツ小さじ2杯、クレムシャンティ大さじ1杯、チョコレート(あればコーティング用)

【作り方】栗を粒々が残るくらいにつぶして、ハチミツを加えて混ぜる。クレムシャンティを加減しながら少しずつ入れ、練るように混ぜる。12等分して丸める。刻んだチョコをレンジで加熱し、半分くらい溶けたら取り出して、混ぜる。丸めた栗にからめ、クッキングシートの上にのせて冷やす。

コーティングで余ったチョコに、牛乳をほんの少し入れて混ぜたら色が濃くなったので、トリュフの上に垂らしました。でも、すぐに分離して固まってしまい、全部にできなくて5個だけ。牛乳を入れたのは失敗!

茹でて皮をむいた栗を冷凍保存したものを使いましたが、日本なら‘栗む○ちゃいました’があるから便利ですよね。

この辺には生クリームが売ってないので、クレムシャンティで作っています。

ハチミツやクレムシャンティは、お好みで加減してください。(多分、軟らかいと丸めにくいですよ)

食べてみて、もうチョコっと物足りないかな?と思いました。真ん中をチョコクリームにして、栗クリームで包んでチョココーティングするといいかもしれません。

|

HUMUS

フムスは、中東諸国で食べられているひよこ豆をペーストにした料理だそうです。

ネットで仲良くしていただいている旅とこぶたの日記のchaiさんが教えてくださいました。

とってもおいしくって、大好きなんですって。

去年の4月のレシピメモに書いてあったんだけど、見向きもしなかったこの料理。

おいしいと聞いて、作らない訳にはいきません。

なめらかなペースト状になっていませんが、気にしないでくださいね~!

今日のトルコ料理 *ひよこまめのディップ*

Ymk070209

【材料】茹でたひよこまめ1カップ、茹で汁1/4カップ、レモン汁1/4個分、ニンニク1片、TAHİN(ゴマペースト)1/4カップ、オリーブオイル大さじ1、KİMYON(クミン)、塩、あればSUMAK(シューマック)、オリーブオイル大さじ2+赤唐辛子粉少々

【作り方】フードプロセッサーにひよこまめ、茹で汁、レモン汁、ニンニクを入れ、スイッチON!ペースト状になったら、TAHİN(ゴマペースト)、オリーブオイルを入れ、混ぜる。KİMYON(クミン)、塩、あればSUMAK(シューマック)で味をととのえ、器に盛り付ける。熱したオリーブオイルに赤唐辛子粉を入れたら火を止め、上からかける。

パンにつけていただくと、つい食べ過ぎてしまいそう。

ひよこまめの缶詰を使うと超簡単♪

油が気になる方は、減らしてくださいね。

|

KIZARMIŞ SOĞAN

KIZARMIŞ(=揚げた)SOĞAN(=玉ネギ)ですが、オニオンフライとはちょっと違います。

テレビの料理番組でやっていたのを、少し変えて、硬くなったパンを使って作ってみました。

今日のトルコ料理 *玉ネギとパンのドーナツ*

Iym070208b_1

【材料】玉ネギ1個、硬くなったパン2切れ(パン粉カップ1)、卵1個、小麦粉大さじ1杯、Dereotu(ディル)またはパセリ、塩、コショウ、お好みの香辛料、サラダ油

【作り方】玉ネギはみじん切りにし、軽く絞る。パンはフードプロセッサーでパン粉にする。ボールに卵を割りほぐし、玉ネギ、パン粉、小麦粉、みじん切りにしたDereotu(ディル)またはパセリを入れ、こねるように混ぜ合わせる。調味料を入れて味を整える。手に油をつけて8等分し、ドーナツ型にする。熱した油でキツネ色になるまで揚げる。

スプーンを2つ使って、丸めて油に落すと、手にベタベタくっつかなくていいかもしれません。

中に、細かく刻んだハムやソーセージ、コーンなどを入れて、ボール型で揚げてもおいしいと思います。

生の玉ネギでも、揚げるので火が通ってて気になりませんが、気になる方は玉ネギを炒めてから作りましょう。

|

ゴマ・カフェ・オ・レ

前回のゴマ・オ・レに続く第2弾(?)

今度は普通のカフェ・オ・レに、ゴマペーストを混ぜてみました。

たったこれだけのことで、スミマセン。

コーヒーの苦味がプラスされて、ウマイ!かも。

個人的にはこっちの方が好きかな。

*ゴマ・カフェ・オ・レ*

Iym070208a

【材料】インスタントコーヒー小さじ1、熱湯カップ1/4、牛乳1/2、TAHİN(ゴマペースト)小さじ2、砂糖お好みで

【作り方】普段作っているカフェ・オ・レに、ゴマペーストを混ぜるだけでいいのですが…。カップにインスタントコーヒー小さじ1を入れ、熱湯カップ1/4で溶かす。そこへ温めた牛乳カップ1/2、ゴマペースト小さじ2を入れて混ぜる。砂糖はお好みでどうぞ。

|

ゴマ・オ・レ

ゴマペーストで、ゴマカプチーノを作ろうと思ったら、泡が消えてしまってゴマ・オ・レになってしまいました。

どちらにしても、味は同じかあ。

*ゴマ・オ・レ*

Iym070206a

【材料】TAHİN(ゴマペースト)小さじ(TK)2、牛乳カップ3/4、砂糖お好みの量、あればシナモンシュガー

【作り方】カップにTAHİN(ゴマペースト)小さじ(TK)2と砂糖をお好みの量いれ、温めた牛乳カップ3/4を注ぐぎ、混ぜる。シナモンシュガーをふる。

|

MAKARNA CİPSİ

おやつやおつまみにどうぞ♪

今日のトルコ料理 *マカロニ チップス*

Ymk070202

【材料】マカロニ1カップ、コーングリッツ山盛り大さじ2、塩、コショウ、お好みで赤唐辛子粉、クミンなど

【作り方】マカロニを茹で、茹であがったら水気を切って粗熱を取る。ビニール袋にコーングリッツ、塩、コショウ、お好みの香辛料を入れ混ぜる。そこへマカロニを入れ、振って粉をまぶす。低温の油でゆっくりカリッと揚げる。

トルコのテレビの料理番組でやっていました。材料にパン粉も使っていましたが、パン粉は入れずに作りました。

カロリーが気になるので、油で揚げたもの㊧とレンジでチン!㊨したものと作ってみました。レンジの方は耐熱皿に重ならないようにマカロニを置き、1分加熱してから一度取り出して混ぜます。更に30秒くらい加熱して取り出し、混ぜます。(火傷しないように気をつけて!)2~3回繰り返すとカリッと出来上がります。

粉チーズやカレーパウダーで作ってもおいしくできると思います。残念ながら、ウチにはないので作れません。

|

焼肉のタレ

当然(?)、トルコには焼肉のタレなんてありません。

「どうしても焼肉のタレで焼肉が食べたい!」そんな切なる思いで、タレ作りにチャレンジ!

しょう油はあるけど、味醂や酒もない、ごま油もない、生姜もない…

家に今ある材料で、どうにかこうにか、タレっぽいものができました。

貴重なしょう油を使うので、失敗してもいいように、約1人分の量です。

*焼肉のタレ*

Iym070203a_3   

【材料】しょう油çayb1/2杯、水çayb1/2杯、スープの素ひとつまみ、ハチミツtk1~2杯、オレンジ果汁tk1杯、リンゴ1/8個、玉ネギ1/6個、ニンニク1かけ、Sirke(酢)数滴、Tahin(ゴマペースト)çayk1杯、油tk1杯、ゴマ、赤唐辛子粉、ネギ

çayb=チャイのコップ(70ml/杯)、tk=タットゥルのスプーン(小さじ)、çayk=チャイのスプーン(小さじ1/2)

【作り方】鍋にしょう油çayb1/2杯、水çayb1/2杯、スープの素ひとつまみ、ハチミツtk1~2杯、オレンジ果汁tk1杯を入れ、そこへレンデした(おろした)リンゴ1/8個、玉ネギ1/6個、ニンニク1かけを加えて弱火にかけ、煮詰める。茶漉しでこし、Sirke(酢)数滴、Tahin(ゴマペースト)çayk1杯、油tk1杯、ゴマ、赤唐辛子粉も加えてひと煮立ちさせる。冷めてから刻んだネギを入れる。

チャイのコップ約1杯分のタレが出来上がりました。

あとは、もみ込んでしばらく置いてから焼き、タレを浸けていただきます♪

ハチミツを使いましたが、砂糖でもOK。甘さはお好みで加減してください。

レンデは、日本のおろし器のように細かくおろせないので、茶漉しでこしましたが、もったいないのでミキサーにかけたり、裏ごししてもいいと思います。分量が少ないし、面倒だったので、私はやっていません。

焼肉店のタレや市販の焼肉のタレほどおいしくないかもしれませんが、日本の焼肉を思い出させてくれる味になったと思います。

|

MİLFÖY

今日のトルコ料理 *ミルフィーユ(パイ)生地*

Ymk070131

トルコのパイ生地の作り方ですが、生地にヨーグルトを入れてみました。

この生地で、オレンジカスタードパイと、余った生地でminiパルミエを作りました。

【材料】小麦粉2カップ(200g)、ヨーグルト大さじ2、水大さじ2~3杯、塩ひとつまみ、マーガリン80gくらい、打ち粉

【下準備】マーガリンは室温に戻しておく

【作り方】ボールに小麦粉、ヨーグルト、塩を入れて混ぜる。水を少しずつ加えながら混ぜてこねる。10分くらい休ませた生地を打ち粉をして厚さ5mmくらいに伸ばす。三つ折りにするので生地の2/3にマーガリンを塗る。マーガリンを塗ってない方を先に折り、もう一方も折り重ねる。長い状態で、生地の2/3にマーガリンを塗り、マーガリンを塗ってない方を先に折り、もう一方も折り重ね、四角くする。これ(下線部分)を2回繰り返す。薄く粉をまぶしてビニール袋にいれ、冷蔵庫で30分休ませる。

※ヨーグルトの水分量で、水の量が変わりますが、生地が耳たぶくらいの硬さになればいいです。

※生地をこねすぎても大丈夫です。

※マーガリンは満遍なく塗りましょう。

冷蔵庫から出したら、麺棒を少しずつずらしながら押さえて、そのあと麺棒をかけて厚さ5mmくらいに伸ばす。

後はお好きなようにどうぞ。

|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »